床用塗料

タフモル

凹凸のある床も平滑な面にする超耐久床材

タフモルは高膜厚の超耐久床材です。作業性に優れ、短時間で、平滑かつ強じんな仕上がりとなります。耐衝撃、耐摩耗、耐油、耐薬品などの性能に優れた特殊エポキシ樹脂を基材に使用します。骨材(珪砂)を加えて混練、モルタルで仕上げたレジンモルタルといわれる高膜厚の床材です。

  • (一社)日本塗料工業会登録
  • 登録番号:A03018
  • ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆

特長

  • 耐荷重性、耐衝撃性が優れている
    重荷重に強く、激しい台車の通行によく耐えます。
  • 耐摩耗性に優れる
    摩耗、風化による粉塵の発生が極めて少なく、高膜厚と相まって超耐久防塵床材として高度の性能を発揮します。
  • 凹凸のある床も平滑に
    3~10mmmの厚塗りが可能ですから、摩耗した床、凹凸のある床面を美しく平滑な面に仕上げます。
  • 作業性が非常に良い
    作業性に優れ、短期間で広い面積の施工が容易です。工期短縮、コストダウンが実現します。

用途

  • 通行の激しい床の美化と保護。(機械、自動車、印刷、製紙、フィルム、ガラス、ダイカスト等の工場床、通路、倉庫など)
  • ほこりを嫌う場所の床。(IC、電気、精密機械、印刷、医薬品、電算機などの工場床、通路、クリーンルームなど)
  • 既設の痛んだ床面の補修美装。

内容量

15kgセット
主剤10kg、硬化剤5kg
配合比
主剤:硬化剤=5:1(重量比)

内容量・荷姿

品名内容量材質構成配合比荷姿
#800プライマー16kgセットエポキシ主剤18kg
石油缶
硬化剤18kg
半缶
フロアトップ#8000アンダー材18kgセットエポキシ主剤515kg
石油缶
硬化剤13kg
4L缶
タフモル15kgセットクリヤーエポキシ主剤210kg
石油缶
硬化剤15kg
7L缶
硅砂4~7号30kg30kg
袋詰
トナー1kg6色着色剤1kg
0.7L缶

(注1) #800プライマーには6kgセットもあります。

(注2) タフモルの標準品はクリヤーです。着色する場合に使用するトナーは受注生産としております関係上、納期の点で多少のご猶予をお願いします。

(注3) トナーには#110ディープグリーン、#111グリーン、#121アメリカングレー、#133スパニッシュブラウン、#140ベージュ、#150アイボリーの6色があります。

施工仕様例

樹脂モルタル流しのべ工法 5mm厚
工程製品名塗布量
(Kg/m²)
施工方法・注意事項塗装間隔
23℃(時間)
下地処理下地のレイタンス、油類、泥、既存塗膜をとりのぞく。
プライマー#800プライマー0.2主剤:硬化剤=1:1(重量比)で混合後、電動撹拌機を用いて充分混合攪拌した後、ローラーばけ、はけ等を用いて均一に塗装します。2~24
タックコートフロアトップ#8000アンダー材0.4タフモル用樹脂またはフロアトップ#8000アンダー材を所定の混合比で電動攪拌機を用いて十分撹拌混合し、タックコートとしてローラーばけにて塗布する。塗装直後
レジンモルタルタフモルタフモル11.25kg:硅砂90kg(3袋)=1:8
※1
8kg/㎡ ※2
  1. 硅砂をモルタルミキサーで均一に混合する。
  2. タフモル用樹脂を電動攪拌機を用いて充分混合撹拌する。着色する場合は同時にトナーを入れ混合撹拌する。
  3. 混合珪砂にタフモル用樹脂を加え均一に混合撹拌する。
  4. 混合タフモルをトンボやクマデ等で均一に所定の塗布量を敷きならし、金ごてで押さえる。
16~48
目止めフロアトップ#8000アンダー材 ※3
+
ケミベスト
0.3
適量
主剤:硬化剤=5:1(重量比)で混合後、これにケミベストを適量(2~4%)、合成シンナーNo.2を0~3%(重量比)加えて電動攪拌機を用いて充分混合撹拌した後、このペースト状となった材料を流しのべ、金ごてにて下地に強く塗り付けて下さい。16~48
上塗りフロアトップ#8000 ※41.0主剤:硬化剤=5:1(重量比)で混合後、電動攪拌機を用いて充分混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面に混合したフロアトップ#8000を直ちに流しのべ、金ごてにて平滑に仕上げてください。

(注)現場状況により、硅砂と樹脂の配合比は調整できます。詳しくは事前に当社までお問い合わせください。

※1 タフモルを5mm厚以上で施工する場合は硅砂の4号:5号:6号を1:1:1で、5mm厚以下で施工する場合は5号:6号:7号を1:1:1で混合して使用してください。

※2 レジンモルタルは下地の状況に合わせ6~20kg/㎡=3~10mm厚で塗装できます。

※3 フロアトップ#8000アンダー材(またはクイックアンダー)にケミベストを適量加え、充分に混合して使用してください。

※4 既設および施工条件により、#8000夏型・春秋型・冬型がお使いいただけます。