文字サイズ
English

環境への取り組み

環境・安全に関する経営方針

1. 経営方針

アトミクス株式会社は「人と環境にやさしい思いやり」を持つ企業として、地球及び人の安全と快適さの確保を経営基盤と考え、このことを当社の事業活動に反映することで社会に貢献する。

社員一人一人、組織一つ一つがその活動において、環境に対して常に配慮し、地球環境に調和する製品・サービスの提供をもって企業市民としての社会的責任を果たす努力を継続的に行う。

2. 目標・施策

ISO14001体制活用による環境基本理念実現への継続的改善活動

環境に対する基本的な考え方と姿勢

私たちは塗料及び関連製品やサービスを提供するメーカーです。塗料を通じて地球と人との、安全で快適な環境づくりに貢献することを経営ビジョンのひとつに掲げています。塗料は基材にコーティングすることによって、比較的簡単な方法でその基材の寿命を何倍にも保ち、限りある資源を有効に使うことでその役割を果たしてまいりました。そして塗料本来の用途や機能を皆さんにお伝えする私たちの企業活動において、すべての行動規範が「法律や規則を遵守する」だけでなく「地球規模での環境保全」を第一とする考えに基づいています。環境適応の考え方を一人一人の社員、一つ一つの組織が徹底的に理解し、水性化・無溶剤化・無鉛化等環境に調和した製品やサービスを開発します。生産段階においてもエネルギー効率を高め、廃棄物の減少に努めています。物流・販売部門においても環境保全と顧客第一主義によってお客様の満足を得、社会へ貢献できるという一貫した企業姿勢を実現してまいります。

技術部門

有害物質を極力含まない製品の開発
情報収集、水性化、無溶剤化、無鉛化

スタッフ部門

資源の有効活用

生産部門

エネルギー効率の高い生産
廃棄物の減少、環境ISOに従った運営

営業部門

製品の正しい使用方法の提供
SDS、PRTR等正しい情報の提供

物流部門

製品運搬時の安全徹底(イエローカード)
排ガス基準適応車両の導入

環境に配慮した新技術等の研究開発

私たちは塗料という化学品を扱うメーカーとして以下を原則として製品開発を行っています。

・設計段階で原料の有害物調査を徹底する
・有害物を極力使用しない配合設計を行う
・諸法律や自主規制を遵守する
・SDS(安全データシート)で製品情報を正確に公開する

道路事業部

路面標示用塗料の水性化と無鉛化への挑戦 (245KB)

塗料事業部

遮熱機能をもつ複合機能性屋根用塗料の開発 (196KB)

塗り床製品の環境規制への対応 (153KB)

ISO14001取得に関して

アトミクス株式会社は全3工場で環境マネジメントシステムISO14001を認証取得し、環境保全活動に努めております。

DATA1

審査登録機関 日本化学キューエイ株式会社
登録証番号 JCQA-E-0320
登録日 2001年11月26日
登録対象 塗料事業部 加須工場
登録範囲 建築・家庭用塗料およびシンナーの開発、製造と販売ならびに道路用塗料の製造

DATA2

審査登録機関 日本化学キューエイ株式会社
登録証番号 JCQA-E-0618
登録日 2004年12月20日
登録対象 道路事業部 久喜工場、岡山工場
登録範囲 道路用塗料の生産

取得概要

加須工場:1999(平成11)年10月に活動スタート。
「全員参加」「全員理解」をスローガンに、100人余りの従業員がそれぞれ目標を掲げ、2年間で認証取得を達成しました。合わせて認証取得準備期間から取得後も産業廃棄物の減少に取り組み、廃棄物(廃水・廃溶剤・廃塗料中心)は、2005年度には1998年度比58%もの削減を行ないました。

久喜工場、岡山工場:2003年(平成16年)4月に活動をスタート。
両工場とも自分たちの業務の中で、環境へ影響を与えている製品、活動などを捉え、影響を減らしていく活動を行ないました。その結果約1年半で認証取得を達成しました。この間、廃棄物の埋立率(*1)の削減に取り組み、両工場合わせて2003年度69%から2年後の2005年度には6%に大幅に減少させました。さらに、ゼロエミ(*2)として、廃棄物の埋立率2%未満を目標に取り組んでいます。

(*1)廃棄物の埋立率:発生した廃棄物に対して、埋め立てられた廃棄物の比率
(*2)ゼロエミの定義:環境保護のため、埋立て廃棄物の発生を『全産廃』の2%未満とする

塗料事業部 行動指針

アトミクス株式会社加須工場は各種塗料、シンナー、の開発・生産を行っていることを考慮して環境保全に対応する。

  1. ISO14001環境マネジメントシステムに基づき、環境保全体制を確立し継続的な活動を行う。
  2. 公的に定める環境法規制、その他の要求事項を遵守する。
  3. 環境に対して影響の少ない製品を市場に提供するために、有機溶剤含有量の少ない製品への転換を推進する。
  4. 廃棄物問題に対応すべく、当工場の活動から生じる廃棄物の発生抑制に努める。
  5. 環境意識の向上のために教育・啓蒙活動に努める。
  6. 環境方針達成のため、目的・目標を設定し工場全体で環境管理を推進すると共に定期的な見直しを行う。
  7. この環境方針は加須工場及び関連協力会社を含む全ての従業員に周知する。

道路事業部 行動指針

アトミクス株式会社久喜工場及び岡山工場は、道路用塗料の生産・出荷を行っていることを考慮して汚染予防を含む環境保全に対応する。

  1. ISO14001環境マネジメントシステムに基づき、環境保全体制を確立し、継続的な活動を行う。
  2. 環境に対して影響の少ない製品を市場に提供するために人体に有害と考えられる重金属化合物を含有しない製品への転換を推進する。
  3. 廃棄物問題に対応すべく、当工場活動から生じる廃棄物の抑制に努める。
  4. 道路用塗料の生産において発生する粉塵を極力削減し、回収及びリサイクルに努める。
  5. 関連する環境の法規制及び組織が同意するその他要求事項を遵守する。
  6. 環境意識向上のために教育・訓練などの啓蒙活動に努める。
  7. 環境方針達成のため、目的・目標を定め、工場全体で環境管理を推進するとともに定期的な見直しを行う。
  8. この環境方針は、協力関連会社を含め、久喜工場・岡山工場および全事業部員に周知する。