道路・路面標示

ハードラインアクア21 SQD工法

水性路面標示材速乾(乾燥促進)工法

ハードラインアクア21SQD工法は、ハードラインアクア#21クイックドライ(乾燥促進剤)とハードラインアクア#21 H-60またはハードラインアクア#21 C-10を併用して塗布することにより、塗料の乾燥性、耐降雨性を著しく向上させる工法です。

製品カタログ(692KB)

動画

特長

  • 乾燥性・耐降雨性に優れる 天候の不順な時期や各種工種にも水性塗料の施工が可能となります。
  • 塗膜性能は従来工法と同等 従来のハードラインアクア#21 H-60およびハードラインアクア#21 C-10の乾燥性を著しく向上させ、他の基本性能を損なうことはありません。
  • 従来のマーカー車で施工が可能 速乾システムユニットを追加設置するだけで施工ができます。
  • VOCの削減・非危険物 水性路面標示用塗料(ハードラインアクア#21 グリーン購入法特定調達品目に指定)を使用しますので、揮発性有機化合物(VOC)の含有量が5%以下です。

用途

水性塗料の低温時、高湿度時における乾燥性、耐降雨性の改善
「ハードラインアクア#21専用の速乾(乾燥促進)工法」 特許取得

荷姿

ハードラインアクア#21クイックドライ 20kg(10kg×2袋)
(ハードラインアクア#21専用の乾燥促進剤)

使用量

15cm幅のライン1,000m当たり
ハードラインアクア#21 C-10 50L、ガラスビーズ 39kg、ハードラインアクア#21クイックドライ 1.60kg
ハードラインアクア#21 H-60 60L、ガラスビーズ 63kg、ハードラインアクア#21クイックドライ 1.92kg

※使用量は発注官庁により異なる場合があります。

ハードラインアクア21SQD工法の性能表

ハードラインアクア#21 C-10 ハードラインアクア21SQD工法
 (気温)C-10 SQDC-10
乾燥性(分)5℃3〜410〜17
23℃2〜37〜11
耐降雨性(分)5℃15〜2090〜150
23℃5〜1050〜70

ハードラインアクア#21 H-60 ハードラインアクア21SQD工法

 (気温)H-60 SQDH-60
乾燥性(分)5℃2〜38〜13
23℃2〜36〜9
耐降雨性(分)5℃10〜1560〜120
23℃5〜1040〜60

製品カタログ(692KB)