床用塗料

フロアトップ#8500速乾

フロアトップ#8500速乾は低温硬化性に優れ、冬期でも1日2回塗りが可能です。

アトムフロアトップ#8500速乾は、エポキシ樹脂を主剤に、ウレタン樹脂を硬化剤に用いた二液溶剤型塗料で、エポキシ樹脂の優れた耐薬品性、耐摩耗性とウレタン樹脂の優れた硬化性を兼ね備えています。

  • (一社)日本塗料工業会登録
  • 登録番号:A03022
  • ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆

特長

  • 低温硬化性に優れ、冬期でも1日2回塗りができ、翌日のフォークリフト通行が可能です。
  • 長期耐久性に優れ、経済的です。
  • 耐水性、耐薬品性、耐溶剤性に優れています。
  • 耐摩耗性、密着性等の物性は#8500と同様です。

用途

  • 通行の激しい床の美化と保護。(各種工場床、通路、倉庫等)
  • 優れた低温硬化性を活かし、#8500の冬期用として。
  • 優れた耐薬品性、耐溶剤性を活かし、実験室等の床に。

内容量

15kgセット
主剤9kg、硬化剤6kg
配合比
主剤:硬化剤=3:2(重量比)

標準色

10色
#9サマーグリーン、#10ディープグリーン、#11グリーン、#15ライムグリーン、#21アメリカングレー、#31スパニッシュブラウン、#40ベージュ、#50アイボリー、#60スカイブルー、#80ホワイト
※調色は15kgセットのみ承ります。
 
速乾ライン用(5kgセット) 2色
白、黄

製品荷姿

塗り面積

コンクリート
(標準面)
コーティング工法2回塗り38~43m²
コーティング防滑工法3回塗り20~25m²

(注)コーテイング防滑工法は#8500速乾を塗装後、全面に硅砂6号を散布し、乾燥後、余分な硅砂を回収し、#8500速乾で上塗り(2回)する工法です。素地面が粗いと塗り面積は少なくなります。

施工仕様例

[コーティング工法]工法記号EUS-Ⅰ
工程製品名希釈量(重量%)
(合成シンナーNo.6)
塗布量
(Kg/m²)
施工方法塗装間隔
10℃(時間)
1下地処理コンクリート打設後4週間以上経過しており、含水率が適切な範囲であることを確認してください。
下地に付着している土、泥、異物等を取り除き、またレイタンス、エフロレッセンス等をポリッシャーサンダー等で完全に取り除いてください。特に油汚れは塗料の付着不良を起こすため、完全に取り除いてください。
2プライマー#800プライマー0.2主剤:硬化剤=1:1(重量比)で混合後、電動撹拌機を用いて充分混合撹拌した後、ローラーばけ、はけ等を用いて均一に塗装してください。4~8
3下塗り#8500速乾100.2主剤:硬化剤=3:2(重量比)で混合後、合成シンナーNo.6で約10%希釈、電動撹拌機を用いて充分混合撹拌した後、ローラーばけ、はけ等を用いて均一に塗装してください。4~48
4上塗り#8500速乾100.15下塗りと同様。

製品カタログ(794KB)