文字サイズ
English

フロアトップエポワン

エポワンは、従来の一液アクリル系既存塗膜の上に、プライマーなしで二液エポキシ塗料を塗りたいという、非常に多くのユーザーの御要望を製品設計に生かした、使いやすい塗り替え専用の床塗料です。ほとんどの既存塗膜にプライマーを必要とせず(場合によりサンディングが必要)、手軽に高性能のエポキシ塗料を塗ることが可能です。

(一社)日本塗料工業会登録
登録番号 A03019
ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
img_products_floor_ft_epone_01

特長

  1. ハイソリッドで低粘度。 高不揮発分でありながら、ローラーばけでの塗装が可能です。
  2. 既存塗膜を侵しません。有機溶剤の含有量がきわめて少ないため、ラッカー系の既存塗膜を溶かしたり、塗り替え時に生じやすいちぢみ現象をおこしません。
  3. プライマーを必要としません。(塗り替え塗装の場合)広範囲の既存塗膜に付着するように設計していますので、サンディング処理のみで塗装が可能です。(一部の既存塗膜には付着しません。)

用途

  1. 塗り替えをしたいが既存塗膜があり、既存塗膜を侵す可能性がある場合。
  2. 継ぎ目の目立たない、美しい色彩の床材として各種工場や倉庫等に。

既存塗膜との付着性

既存塗膜 フロアトップ
#5000、#5400
フロアトップ
#7000
フロアトップ
#8500
付着性
  • ○ 既存塗膜の汚れを除去するだけでOKです。油汚れは塗料用シンナーで除去してください。
  • △ ポリッシャーサンダーにより、サンディングを行ってください。

可使時間(ポットライフ)

タイプ 気 温 10℃ 15℃ 20℃ 25℃ 30℃ 使用時期
夏型 可使時間 使用不可 使用不可 30分 20分 20分 7月~9月
歩行解放時間 24時間 20時間 16時間
春秋型 可使時間 使用不可 40分 30分 20分 使用不可 4月~6月
10月~11月
歩行解放時間 24時間 20時間 16時間
冬型 可使時間 40分 30分 20分 使用不可 使用不可 12月~3月
歩行解放時間 24時間 20時間 16時間

標準色・内容量・塗り面積

img_products_floor_ft_epone_02
内容量
16kgセット(主剤〈春秋型・夏型・冬型共通〉13.3kg/石油缶・硬化剤〈春秋型・夏型・冬型〉2.7kg/4L角缶)
3.97kgセット(小缶・受注生産)(主剤〈春秋型・夏型・冬型共通〉3.3kg・硬化剤〈春秋型・夏型・冬型〉0.67kg)
標準色
10色(別刷カラーサンプルを参照してください。) ※調色は16kgセットのみ承ります。
塗り面積
30〜50m²(16kgセット)

施工仕様例

〔コーティング(1)工法〕 工法記号ESO-Ⅰ アクリル系既存塗膜の上の塗り替え仕様
工程 製品名 希釈量 塗布量(Kg/m²) 施工方法 塗装間隔
23℃(時間)
1 下地処理
  • 既存塗膜の剥がれ、浮きをチェックし、剥がれ部分の周囲・浮き部分を除去してください。
  • 除去した部分の下地と健全な既存塗膜の表面をポリッシャーサンダーでサンディングし、清掃してください。
  • 既存塗膜を撤去し、コンクリート素地が露出した箇所には、エコワイドプライマーを塗装してください。油面のコンクリートの場合は油を除去してから#500油面プライマーまたは、油面強化コンクリート用プライマーを使用します。
2 上塗りエポワン 0.3~0.5 主剤:硬化剤=5:1(重量比)で電動撹拌機で撹拌混合し、あらかじめスパン割りした下地に流し、ローラーばけ、厚膜専用ローラー、はけ等を用いて均一に塗装してください。

※塗装間隔は最短時間と最長上塗り可能時間です。