文字サイズ
English

フロアトップアクア エポ21

水性エポキシ樹脂塗料
水性で、安全・使いやすく非危険物で保管場所にも困りません。

フロアトップアクア エポ21は、低臭で安全性(非危険物)に優れ、幅広い既存塗膜にプライマーレスで塗替え可能な床用塗料です。従来2回塗りの水性床用塗料と比較してローラー施工1回塗りで膜厚が付き、仕上りは高光沢を実現しました。優れた耐久性・耐汚染性を発揮します。

用途

  • 耐久性や耐汚染性を求める工場、倉庫、事務所等の床塗装
  • 低臭、非危険物、特定化学物質障害予防規則対応の床用塗料を使用したい現場
img_products_floor_ft_aqua_epo21_01

特長

  1. 主剤・硬化剤ともに非危険物のため、安全で臭気が少なく幅広い用途に使用できます。
  2. アクリル系、アクリルウレタン系、エポキシ系の既存塗膜にプライマーなしで塗装できます。
  3. 従来2回塗りの水性床用塗料と比較してローラー施工1回塗りで膜厚が付き、
    肉持ち感のある艶有り仕上げを実現します。
  4. 従来のエポキシ樹脂系塗料と比較しても同等以上の耐汚染性・耐摩耗性を有します。
    (水性タイプでありながら、フォークリフトの通行にも耐える性能があります。)
  5. 冬場の塗装においても、硬化促進剤を加えることにより24時間で歩行開放が可能となります。
  6. 無鉛・厚生労働省指針13物質非含有・学校環境衛生の基準対応・RoHS指令対応しています。

塗装できる既存塗膜(当社製品について)

既存塗膜の成分 製品名 備考
アクリル(水性系) フロアトップ#1400、W#5000 既存塗膜をサンディング後直接、上塗りできます。
アクリル(溶剤系) フロアトップ#5000、#5400
ウレタン(溶剤系) マークレス
アクリルウレタン(水性系) アクアクリーンU
アクリルウレタン(溶剤系) フロアトップ#7000
エポキシ(水性系) エポクリーン
エポキシ(溶剤系) フロアトップ#8500、#8500速乾
エポキシ(無溶剤・ハイソリッド) フロアトップ#8000、エポワン、クイックアンダー
※既存塗膜が他社品の場合は、当社にお問い合わせください。

荷姿・配合比・塗り面積

荷姿
12kgセット(主剤:4kg/石油缶、硬化剤:8kg/半切缶)
配合比
主剤:硬化剤=1:2(重量比)
塗り面積
30~40m²
img_products_floor_ft_aqua_epo21_02

標準色(7色)

グリーン・ライムグリーン・サマーグリーン・アメリカングレー・アイボリー・スパニッシュブラウン・ベージュ

施工仕様例

①既存塗膜塗り替えコーティング工法

工程 製品名 塗布量
(kg/m²)
施工方法 塗装間隔
(23℃)
1 下地処理 既存塗膜をポリッシャーサンダー(#100のメッシュまたは#100程度のペーパーを使用)等により全面サンディングしてください。
2 上塗り フロアトップアクア
エポ21
0.3~0.4 主剤と硬化剤を4kg:8kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。用具洗いは合成シンナーNo.6をご使用ください。

②新設コーティング工法

工程 製品名 塗布量
(kg/m²)
施工方法 塗装間隔
(23℃)
1 下地処理 コンクリート打設後、4週間以上経過しており、含水率5%以下であることを確認してください。
下地に付着している土、泥、異物等を取り除き、またレイタンス、エフロレッセンス等をポリッシャーサンダー等で完全に取り除いてください。
特に、油汚れは塗料の付着不良を起こすため、完全に取り除いてください。
2 下塗り エコワイドプライマー 0.15~0.2 主剤と硬化剤を9kg:3kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。 3~8時間
2 上塗り フロアトップアクア
エポ21
0.3~0.4 主剤と硬化剤を4kg:8kgの割合(重量比)で混合し、電動撹拌機にて充分に混合撹拌した後、あらかじめ区画割りした床面にローラーばけ、はけ等にて塗装してください。

硬化時間と可使時間

※気温によりフロアトップアクア エポ21硬化促進剤の添加が必要になります。
※フロアトップアクア エポ21硬化促進剤(非危険物タイプ)は1袋 160gです。

気温 5℃ 10℃ 15℃ 20℃
硬化時間 20時間以上 20時間以上 20時間以上 16時間以上
可使時間 25分 30分 30分 40分
硬化促進剤添加量 480g 320g 160g なし