文字サイズ
English

ライフテックスF1工法

首都高速道路(株)橋梁構造物設計要領適合工法
工程短縮コンクリート片はく落防止対策システム

「ライフテックスF1工法」は、不織布複合高強度ポリエチレン繊維シートとエポキシ樹脂によるコンクリート片はく落防止対策工法で、押抜き変位10mm以上で押抜き荷重1.5kN以上の耐荷力性能に対応します。首都高速道路㈱の橋梁構造物設計要領コンクリート片剥落防止編による剥離防止工の評価基準A種、B種に適合した工法です。

img_products_road_life_f1_01

特長

  • 施工工程は、5工程(2日)で、ローラー塗装が可能です。
  • プライマー、パテ、接着剤と中塗りの4工程を兼用した「ライフテックス#4」で、施工性が向上しました。
  • 不織布複合高強度ポリエチレン繊維シートの採用により、押抜き変位10mm以上で押抜き荷重1.5kN以上に対応します。
  • 工期、施工性を重視し、緊急補修に適した工法です。
  • トップコートに耐候性に優れる土木用防汚材料Ⅰ種適合の低汚染形ポリウレタン樹脂塗料を採用し、長期的に美観を保持します。
img_products_road_life_f1_02
不織布複合高強度ポリエチレン繊維シート「KKクラックリペアシート」

適用規格

  • 首都高速道路㈱/橋梁構造物設計要領 コンクリート片剥落防止編による剥落防止工の評価基準A種B種
  • 国土交通省/「土木用防汚材料利用技術ガイドライン(案)」土木用防汚材料Ⅰ種

標準施工仕様 ライフテックスF1工法

工程 製品名 一般名称 塗布量(㎏/m²)
下地処理工 ディスクサンダー等により、下地のエフロレッセンス、型枠離型材、汚れおよび表面の脆弱層を除去する。養生テープ等を使用して、施工箇所以外を養生する。
はく落防止工
(1日)
1 接着工 ライフテックス#4 エポキシ樹脂系接着剤 0.40
2 貼布工 KKクラックリペアシート 不織布複合高強度ポリエチレン繊維シート 1.0m²
3 接着工 ライフテックス#4 エポキシ樹脂系接着剤 0.30
仕上げ工
(1日)
4 上塗り工 ライフテックス#70 ポリウレタン樹脂系塗料 0.12
5 上塗り工 ライフテックス#70 ポリウレタン樹脂系塗料 0.12

※上記の塗布量にロスは含まれていません。(現場においてはロスを考慮ください。)
※詳しくは、標準塗装仕様書をご参照ください。

ライフテックスF1工法の性能

試験項目 成績 首都高速道路(株) 橋梁構造物設計要領
剥落防止工の評価基準 A種
耐荷性 3.6 φ10cm当りの押抜き荷重1.5kN以上
付着性 標準養生 3.2(基板破壊) 付着強度
1.5N/mm²以上
半水中養生 3.4(基板破壊)
温冷繰返し養生 2.8(基板破壊)
耐久性 屋外暴露(1年間) 耐荷性:3.5kN
伸び性能:18.7㎜
屋外暴露(1年間)後に押抜き試験を行い、必要な押抜き性能を保持していること。
促進耐候性試験(500時間) 光沢保持率:100%
色差⊿E:0.3
促進耐候性試験500時間経過後に光沢保持率が70%以上、色差⊿Eが10以内であること。
伸び性能 16.4mm 押抜き試験で10mm以上の変位が確認できること。

使用材料

製品名 用途 配合比(重量比) 容量(荷姿)
ライフテックス#4 エポキシ樹脂系接着剤 主剤/硬化剤=2:1 12kgセット(8kg/4kg)
KKクラックリペアシート 不織布複合高強度ポリエチレン繊維シート 1m幅ロール×100m
ライフテックス#70 仕上げ材(上塗り) 主剤/硬化剤=4:1 16kgセット(12.8kg/3.2kg)