文字サイズ
English

アミックスコーンシリーズ

落書き・張り紙対策塗料システム
汚れや落書き・張り紙を除去し、快適なコミュニティゾーンを保護する

用途

壁面、地下道、橋脚、歩道橋、標識支柱、照明柱、石調仕上材のトップコート、等

アミックスコーン

快適なコミュニティゾーンを落書き・張り紙から保護する

img_products_road_amikkusukone_02
img_products_road_amikkusukone_03

特長

無機質シリコーン樹脂塗料

アミックスコーンは落書き・張り紙の付着を低下させる低表面エネルギーのシリコーン樹脂を採用した塗料です。有機成分が少なく、燃えにくい性質と高耐候性を備えています。

塗装仕様<既設コンクリート面標準塗装仕様>(工法No.RA-1)

工程 製品名 材料一般名 塗布量(kg/m²) 塗装間隔(23℃) 塗装方法 希釈目安(%) 希釈剤
1 下地処理 ディスクサンダー等により下地のエフロレッセンス、型枠離型剤、汚れ、落書きおよび表面の脆弱層を除去する。
2 下地調整 ライフテックス
#460
エポキシポリマーセメント 0.80 ※2 3時間〜7日 コテ、ヘラ
3 0.70 ※2 16時間〜7日
4 下塗り アミックスコーン
#250
特殊ポリウレタン樹脂 0.15 2時間〜5日 ハケ、ローラー 0〜15 合成シンナーNo.5
5 上塗り アミックスコーン ※1 無機質
シリコーン樹脂
0.12 ハケ、ローラー

※1) 上塗りの色はミルキーホワイト・グレー・ ベージュの淡彩色を基本色としています。

塗装仕様<新設コンクリート面標準塗装仕様>(工法No.RA-2)

※2) 新設コンクリート面の場合は、下地調整の塗布量は0.50kg/m²の2回塗りとなります。

下地調整のない仕様もあります。(工法No.RA-10、RA-20)

アミックスコーン クリヤー

自由なデザイン・色彩で街の景観を落書き・張り紙から守る

img_products_road_amikkusukone_04
img_products_road_amikkusukone_05

特長

色彩フリー・デザイン自由

透明シリコーンのトップコーティングにより、下塗り塗料で自由な色彩・デザインも自由自在です。

塗装仕様<既設コンクリート面標準塗装仕様>(工法No.RA-3)

工程 製品名 材料一般名 塗布量(kg/m²) 塗装間隔(23℃) 塗装方法 希釈目安(%) 希釈剤
1 下地処理 ディスクサンダー等により下地のエフロレッセンス、型枠離型剤、汚れ、落書きおよび表面の脆弱層を除去する。
2 下地調整 ライフテックス
#460
エポキシポリマーセメント 0.80 ※3 3時間〜7日 コテ、ヘラ
3 0.70 ※3 16時間〜7日
4 下塗り アミックスコーン
#250
特殊ポリウレタン樹脂 0.12 2時間〜5日 ハケ、ローラー 0〜15 合成シンナーNo.5
5 0.12 2時間〜5日 0〜15
6 上塗り アミックスコーン クリヤー 無機質
シリコーン樹脂
0.10 ハケ、ローラー

塗装仕様<新設コンクリート面標準塗装仕様>(工法No.RA-4)

※3) 新設コンクリート面の場合は、下地調整の塗布量は0.50kg/m²の2回塗りとなります。

下地調整のない仕様もあります。(工法No.RA-30、RA-40)

コンクリートの風合い保持

含浸シランプライマーの使用でコンクリートの風合いを活かした落書き・張り紙対策塗装ができます。

塗装仕様<コンクリート面濡れ色対策標準塗装仕様>(工法No.RA-5)

工程 製品名 材料一般名 塗布量(kg/m²) 塗装間隔(23℃) 塗装方法 希釈目安(%) 希釈剤
1 下地処理 布ペーパーやマジックロン等により下地のエフロレッセンス、型枠離型剤、汚れ、落書きおよび表面の脆弱層を除去する。
2 下塗り ライフテックス
#800W
水性シラン樹脂 0.15 16時間〜3日 ハケ、ローラー
3 中塗り ライフテックス
#80クリヤー
特殊ポリウレタン樹脂 0.10 2時間〜5日 ハケ、ローラー 0〜15 合成シンナーNo.5
4 0.10 0〜15
5 上塗り アミックスコーン クリヤー 無機質
シリコーン樹脂
0.10 ハケ、ローラー

セラペロン・セラケセール

落書き除去システム

落書きは市販の溶剤等での除去も可能ですが、セラペロン・セラケセールは、簡単な作業で落書きが除去できるアミックスコーン専用落書き除去材です。広範囲の落書きは「セラペロン」で一発剥離、小規模な落書きは「セラケセール」で落書きを塗り広げることなく容易に拭き取れ、落書きに応じて使い分けができます。

※張り紙の接着剤等は、セラケセールでの除去をおすすめします。

img_products_road_amikkusukone_01

セラペロン使用方法

工程 製品名 材料一般名 塗布量(kg/m²) 剥離可能時間(23℃) 塗装方法
1 マスキング 落書きを除去する場所をマスキングする。
(マスキングにより、ちぎれずにきれいに最後まで剥離できます。)
2 塗布 セラペロン ウレタン樹脂系 0.2 40分〜 ハケ、ローラー
3 剥離 マスキングと一緒にセラペロンを剥がす。
(落書きが少し残った場合は、セラケセールで拭き取る。)

※セラペロンで剥離できない頑固な落書きは、合成シンナーNo.4で溶かし、専用拭き取り材「セラケセール」で拭き取ってください。

セラケセール使用方法

工程 製品名 材料一般名 使用量の目安
(kg/m²)
施工方法 備考
1 養生 柔らかいウェス等を準備する。
2 拭き取り セラケセール 溶剤系除去材 0.5〜 ウェス等 保護手袋を着用する。

※耐溶剤性のある落書きや厚膜の頑固な落書きは、セラケセールの染み込んだウェスを長めの時間押し当てて軟化させるか、合成シンナーNo.4で軟化、溶解させてから専用拭き取り材「セラケセール」で拭き取ってください。

セラペロン・セラケセール使用上の注意事項

  1. セラペロンの塗布量は、下地状態により変動します。(マスキング上にかかる様に、塗布してください。)
  2. 剥がしとったセラペロンは、産業廃棄物として処理してください。
  3. 炎天下、結露、降雨のある場合のご使用は、避けてください。
  4. 塗装面凹部や傷および塗装表面が粗い仕様で凹部に入り込んだ落書きは、除去できない場合があります。
  5. 落書き除去は、アミックスコーンの塗装面に限り有効です。一般の塗膜、大半の部材上の落書きは、除去できません。
    またセラペロンは、剥離可能時間を過ぎても、剥離可能ですが、早めに除去してください。
  6. 落書き除去試験を実施する場合は、上塗り終了後7日以上(23℃)経過してから行ってください。