文字サイズ
English

フロアトップ#1000速乾

アスファルト面用 速乾型水性床用塗料
無鉛

フロアトップ#1000速乾は、アスファルト面をカラー化するための速乾型水性床用塗料です。
遊歩道や駐車場、公園、自転車道等のアスファルト面を美しく彩ることで、安全や景観の美化、周辺環境との調和に役立ちます。
また、アスファルト面の保護、維持にも役立ちます。

img_products_floor_ft_1000s_01

特長

  1. 速乾タイプで現場開放が速くできます。従来の当社水性塗料よりも約1/4の時間(気温23℃・湿度50%)で、現場開放することができるので、規制時間の短縮が可能です。
  2. カラー化により周辺環境との調和に役立ちます。アスファルト面を美しく彩ることができるので、景観の美化と周辺環境との調和に役立ちます。
  3. アスファルト面の保護と景観の維持ができます。アスファルトをコーティングすることで保護することができます。また、硅砂と混合して施工するので耐摩耗性が良好で、カラー化した面を長期間維持することができます。
  4. 透水性・排水性機能を損なわない仕上げが可能です。透水性・排水性アスコンに対してスプレー施工することで、舗装の機能を損なわない仕上げが可能です。

用途

遊歩道、駐車場、駐輪場、公園、自動車道、通学路、コミュニティ道路等

容量・荷姿・色数

16kg

石油缶入り

標準色 全8色: #11グリーン、#10ディープグリーン、#15ライムグリーン、#21アメリカングレー、#31スパニッシュブラウン、#40ベージュ、#50アイボリー、#60スカイブルー

※色相につきましては、別途発行の標準カラーサンプルをご参照ください。
※調色も対応できます。色相は事前にご相談ください。

施工仕様例

(1)コーティング防滑工法 工法記号:AWQ-03

工程 製品名 希釈量(重量%)水 塗布量(kg/m²) 施工方法 塗装間隔
(23℃)
1 下地調整 素地が充分に乾燥していることを確認する。素地表面の土、埃、泥、油等付着性を阻害する因子を除去する。
油汚れは、中性洗剤で洗浄後、水洗して充分に乾燥させる。
2 下塗り #1000速乾
硅砂7号
0~5 0.6
0.18 ※1
0~0.03
#1000速乾に硅砂7号を重量比で30%(駐車場等では50%)加え、電動撹拌機で充分に混合する。ローラー、ゴムレーキ、自在箒、ハケ等で塗装する。必要に応じて水を#1000速乾に対して0~5%添加する。塗装器具の洗浄は水を使用する。 1時間以上
3 上塗り #1000速乾
硅砂7号
0~5 0.3
0.09 ※1
0~0.015
下塗りと同様。

※1 駐車場等の車両が長時間停車する箇所への塗装では、硅砂混入量を50%としてください。

(2)既設アスファルト面工法 工法記号:AWQ-04

工程 製品名 希釈量(重量%)水 塗布量(kg/m²) 施工方法 塗装間隔
(23℃)
1 下地調整 素地が充分に乾燥していることを確認する。素地表面の土、埃、泥、油等付着性を阻害する因子を除去する。
油汚れは、中性洗剤で洗浄後、水洗して充分に乾燥させる。
2 プライマー ASプライマー 0.1 無希釈のままエアレススプレー等でスプレー塗装する。ローラーで塗装するとプライマーの溶剤でアスファルト路面が溶解するので、必ずスプレーで塗装する。塗装器具の洗浄は合成シンナーNo.2を使用する。 1時間以上
3 下塗り #1000速乾
硅砂7号
0~5 0.6
0.18 ※1
0~0.03
コーティング防滑工法 工程2と同様。 1時間以上
4 上塗り #1000速乾
硅砂7号
0~5 0.3
0.09 ※1
0~0.015
コーティング防滑工法 工程2と同様。

※1 駐車場等の車両が長時間停車する箇所への塗装では、硅砂混入量を50%としてください。

※素地がコンクリートの場合には、アトムプライマー#800を使用してください。
※素地の状況により塗布量は変化します。上記の塗料、硅砂はロスを含んでおりません。
※透水性舗装面への塗装仕様は別途お問い合わせください。

養生時間 気温23℃ 湿度50% 歩行開放 3時間以上
車両開放 6時間以上